取扱上の注意Care

取扱/運転の注意

「バイアスロン」を装着しての走行は、通常の走行に比較し走行安定性が低下します。 雪路・非雪路にかかわらず、時速50km/h以下で「安全にコントロールできる速度」で走行してください。

安全にコントロールできる速度とは

乾燥路・圧雪路・凍結路・融雪路等その様々な路面状況で、あなた自身が安全に走行できる範囲の速度のことです。あくまで路面の状況に合わせ、「安全にコントロールできる速度」で走行してください。

安全にコントロールできる速度を超えて走行すると

製品の耐久性が急激に低下します。製品が損傷したり、車両も損傷をしたりするおそれがあります。直進性が悪くなりフラツキが発生し最悪コントロール不能になる場合があります。製品が膨らみタイヤハウス内やサスペンション等と干渉し製品や車両が破損するおそれがあります。特に高速道路を走行中は、周囲の車に流されて「知らないうちのスピードオーバー」傾向になりますので、ご注意ください。

連続空転(ホイールスピン)は絶対に避けてください。

  • 特にエンジンの馬力が大きい車などは、少しだけアクセルを踏んだつもりでも急に大きな駆動力がかかり、空転してしまうためバイアスロンが外れたり損傷したりするおそれがあり、車両も損傷する事があります。
  • 車が進まないときは要注意!! いったんアクセルを戻してMT車は2速に入れゆっくり発進してください。AT車はできるだけ緩やかにアクセルを踏み込んでゆっくりと発進してください。スノーモードがある場合はこれをご使用ください。

スリップ事故は、雪路・非雪路にかかわらず突然に発生します。

  • 事故につながる条件全てを本書にて説明することは出来ません。
    雪路・非雪路にかかわらず余裕を持ち「安全にコントロールできる速度」で走行してください。
    また、「知らないうちのスピードオーバー」を防ぐために、スピードは必ず車のメーターを見て確認してください。

「急発進」・「急加速」・「急ブレーキ」・「急ハンドル」など「急」のつく運転操作は絶対に避けてください。

  • トレッドやロック部、フックなどに無理な力がかかり寿命の低下や破損の原因となります。
  • 雪のない路面での「急」操作は瞬間的にトレッドを摩耗させ、使用不能の原因となります。

スリップとスピンに注意

「バイアスロン」は車両の駆動輪に装着し、通常のタイヤでは走行不可能な雪路や凍結路を走行可能にするための補助器具です。一方、「バイアスロン」を装着していない方のタイヤは雪路や凍結路の上でのグリップ力が低下するため、前後のグリップ力のバランスが崩れてしまいます。

また降雪シーズンの走行では、乾燥路・雪路・融雪路・アイスバーン等その路面状況はさまざまに変化します。一見安全と思える路面でも局部的にアイスバーン(凍結路)になっていて、突如としてコントロール不能になり「スリップ」や「スピン」を起こす場合もあります。そこで、常に路面状況と周囲の状況に注意して走行してください。

ゆっくり発進「急発進禁止」(特に上り坂ではエンジンの回転を上げ過ぎないように気をつけてください)。

駆動力をかけ過ぎると「バイアスロン」が空転してしまいます。アクセルをできるだけ軽く踏み、車が動きはじめたら徐々にアクセルを踏んでいき、「ゆっくり発進」を心がけてください。空転した場合はアクセルをゆるめてください。

その他、必ずお読みください

  • タイヤチェーンは、必ず駆動輪に装着してください。装着輪については、車の取扱説明書でご確認ください。特に4輪駆動車(AWD,4WD等)の場合は、指定装着輪以外に装着出来ない場合もあります。
  • タイヤチェーンは、ホイールキャップを取外して装着してください。
  • タイヤチェーンの装着により、タイヤサイド部の摩耗(カラー印刷等も含む)やホイールフランジへの傷が発生することがあります。
  • タイヤチェーンの適合サイズは、必ず装着するタイヤで確認してください。(タイヤサイズの確認方法はこちら
  • タイヤサイズ適合表は、純正装着銘柄のタイヤサイズと純正ホイールの組合わせを基準にしています。タイヤまたはホイールが異なると、同じサイズ表示のタイヤでもきつかったり、ゆるくなる場合があります。
  • タイヤチェーンの適合サイズは、タイヤ銘柄、摩耗度、空気圧、ホイールのリム幅等の条件により、装着がきつかったり、ゆるくなる場合があります。特に装着がゆるい場合は空転が発生しやすいので、走行の際は十分にご注意ください。
  • 運転補助システム(トラクションコントロール、横滑り制御システム、アイサイト等)が装備されている場合は、タイヤチェーンを装着することで本来の機能を損なうことがあります。ご使用前に、車の取扱説明書をご確認ください。
  • タイヤ上側とフェンダーのすき間が狭く、裏側フックが接続しにくい車(ローダウン車や輸入車)の場合は、ジャッキアップすることで装着可能です。
  • 前輪駆動車(FF車)の大型ミニバン(アルファード、ヴェルファイア、エスティマ等)は、登坂時の車重バランスにより空転しやすくなります。走行の際は、空転をしないよう十分にご注意ください。

乾燥路では

横滑りによる危険防止と路面保全やタイヤチェーン保護のために、取外してください。

装着の注意

クリアランスをご確認ください

  • 純正オプションや純正以外のタイヤ、ホイールに変更されている場合やローダウン車・輸入車等は、購入される前に必ずクリアランスをご確認ください。
  • 車種別適合表で取付可能となっている場合でも車体のばらつきにより取付隙間が狭く、使用できない場合があります。原則として必ず実車でクリアランスをご確認ください。

適合車種について

  • ミニバン(下表参照)の前輪駆動車は車両の特性上、上り坂では駆動輪が空転を起こし易くなります。空転して発進できない場合は、アクセルをできる限り「ゆっくりと踏んで発進」してください。
  • 1BOXで4輪共普通タイヤの場合、2輪のみの装着で走行すると、車の走行安定性が低下します。必ず4輪に装着してご使用ください。
  • 1BOXの車両で後輪がダブルタイヤの場合には、ご使用になれません。

主なミニバン / 1BOX 区分表(代表車種)

主な不適合タイヤ

下記タイヤはタイヤの構造・形状により、バイアスロンを装着できません。

タイヤメーカー タイヤ銘柄
ブリヂストン DUELER M/T 672
DUELER M/T 673
DUELER M/T 674
DESERT DUELER 744
BLIZZAK W969
ヨコハマ MUD DIGGER Y812
MUD DIGGER II Y813
GEOLANDAR M/T
GEOLANDAR M/T+
オーツ LANDAIR TA
ミシュラン 4×4 O/R XZL
ダンロップ GRAND TREK MT1
GRAND TREK MT2 WIDE
GRAND TREK MT2 NARROW
トーヨー TRANPATH M/T
NOMADIC MUD STAGE
OPEN COUNTRY R/T
GENERAL GRABBER AT2
GRABBER MT
Firestone FIREHAWK RMT
FIREHAWK ATX
BF-Goodrich MUD-TERRAIN T/A
MUD-TERRAIN T/A KM
MUD-TERRAIN T/A KM2
BAJA T/A
MUD KING XT
ALL-TERRAIN T/A
ALL-TERRAIN T/A KO
ALL-TERRAIN T/A KO2
GOOD YEAR WRANGLER MT
WRANGLER MT/R

△注意 タイヤ銘柄:コンチネンタル コンチプレミアムコンタクト2は、速度超過するとタイヤ側面に装着痕が特に付きやすいのでご注意ください。

参考事項

スピードサイン(速度超過走行の証)

スピードオーバーで走行しますと、右図のようにトレッドの一部が極端に磨耗します

  • 最初にトレッド端部(①部)が偏磨耗します。
  • そのままスピードオーバーで走行すると②部および③部の磨耗が大きくなります。

使用の限度

平坦路を50km/hで走行した場合、雪路・非雪路を問わずに約1,000kmの耐久性を有します

「バイアスロン」は上記耐久性は考慮していますが、ご使用後には磨耗や損傷を確認してください

  • 下記事項の1項目でも当てはまる場合は、安全性能が低下します。
  • 平坦路を50km/hで走行した場合、雪路・非雪路を問わずに約1,000kmの耐久性を有します。
  • その際は速やかに新しい「バイアスロン」を購入または補修依頼をしてください。

①トレッドが1箇所でも切断している場合  ⇒ 切断部があるトレッドを新品に交換してください。
②2個以上のスパイクの脱落があったとき  ⇒ 脱落部があるトレッドを新品に交換してください。
③製品購入後、5年を経過したとき

前輪駆動車 (FWD車: front wheel drive)

直進:突然の尻振りにご注意

  • 注:FWD車は滑り止めを装着していない後輪が滑りやすくなります。直進中でも雪質や路面の凹凸やわだちなどによってバランスを崩し、スピンすることがあります。
  • テク:FWD車は下り坂や減速時は車の重心が前方へ移動するため、後輪が滑りやすくなります。下り坂走行中や停止しようとする場合はスピードに注意して、早めに減速しましょう。

カーブ:カーブの手前で十分減速

  • 注:FWD車は前輪に抵抗がかかった状態でコーナーリングすると直進時と同様、後輪が滑りやすく危険です。カーブの途中でブレーキを踏んだり、急にアクセルを戻したりするとスピンすることがあります。
  • テク:カーブに入る手前で充分にスピードを落とし、アクセルを一定に保ちながら、ほぼ一定のスピードか、わずかに加速するぐらいの感じで曲がるのが安全です。

ブレーキ:ポンピングブレーキを使おう

  • 注:FWD車は直進状態でもブレーキを軽く踏む(半踏み)操作をすると、後輪がロックし、急にグリップが失われてスピンすることがあります。
  • テク:ブレーキは「強く踏む⇔すぐ離す」を短いピッチで何度も繰り返すポンピングブレーキが効果的です。

もし滑ってしまったら…

後輪がもし滑った場合は、後輪が滑った方向へすばやくハンドルを切り込みます(カウンターステア)。この時あわてて急ブレーキをかけたりするとかえってスピンする可能性があります。
FWD車は駆動力のかかった状態が安定していますので、いくぶんアクセルを踏み込みながら立て直した方がよいのです。

後輪駆動車 (RWD車: rear wheel drive)

直進:加速時、登坂時の尻振りにご注意

  • 注:RWD車は駆動力をかけすぎると後輪が左右に振れる現象が起こります。特に登坂時やハイパワーな車ほどこの現象は大きい傾向があり、立て直しが遅れるとスピン状態になることがあります。
  • テク:急なアクセル操作や無用なギヤチェンジを避け、できるだけスムーズな加速・登坂をすることが大切です。

カーブ:前輪のグリップにご注意

  • 注:RWD車は滑り止めを装着していない前輪が滑りやすくなります。
    特にカーブにオーバースピードで進入するとハンドルを切っても、車はほとんど曲がらずにそのまま突っ込む危険があります。
  • テク:カーブに入る前に充分スピードを落とし、心もちエンジンブレーキをかけながら曲がるのが、安全な方法です。カーブの途中でブレーキを踏むと前輪がロックしてしまい、滑るばかりでかえって曲がれなくなります。

ブレーキ:ポンピングブレーキとエンジンブレーキを使おう

  • 注:RWD車はブレーキを軽く踏む(半踏み)操作をすると、前輪だけがロックし、操縦不能になることがあります。
  • テク:ブレーキは「強く踏む⇔すぐ離す」を短いピッチで何度も繰り返すポンピングブレーキを使い、前輪が回転した状態でハンドルを操作してください。また、エンジンブレーキで後輪に制動力をかけて減速することが最も効果的です。

もし滑ってしまったら…

RWD車で登坂中や加速時に後輪が左右に振れたらまずアクセルを戻しましょう。大きく振れた場合は、アクセルを戻すと共にすばやく振れた方向へハンドルを切り込み(カウンターステア)、姿勢を立て直してください。

前輪が滑って操縦不能になった場合は、ブレーキを踏み続けるとコントロールはできません。ブレーキを離すとコントロールできる場合があります。

4輪駆動車(4WD車)

飛ばし過ぎにご注意

4輪駆動車は雪道に強いと言われていますが、その性能を過信することは危険です。
FWD車やRWD車に比べ滑り出すまでの限界が高いことは事実ですが、その限界を越えて操縦不能になる際のスピードはFWD車やRWD車よりはるかに高いので、立て直しが全くできずに事故につながる危険が伴うことをご注意ください。

タイヤチェーン装着車輪は?

車種により異なる場合がありますので、車備え付けの取扱説明書に従ってください。

4輪駆動と2輪駆動の切替え式の車では、4輪駆動状態で走行する事をおすすめします。

PAGE TOP